祝福の風に誘われて

特に何もないけど、何か書いていこうと思います。

劇場版蒼き鋼のアルペジオ ARS NOVA Cadenza観てきました。

コミケットSP6で特典付き前売り券を買っていたので公開初日で映画観てきました!

 

冒頭の20分についてはテレビでやってたみたいですけど自分はBSで後半部分しか見れてませんでしたので最初からワクワクでした。

 

とりあえず入場特典色紙はナチとアシガラのコンビでした。

 

【以降ネタバレ注意】

 

超戦艦のヤマトとムサシの関係、千早翔像との関係の回想から始まりDCの最後の降伏勧告へと繋がる。

 

しばらくしてからのナチ・アシガラとイ401の戦闘へとここまでがテレビ放映パートですね。

 

人間が経験から創意工夫して戦術を組み上げるのに対して規則通りの戦闘を行う霧の艦隊。蒼き鋼は運良く切り抜けました。

 

その後次の戦闘準備→北極海進軍→対ムサシ戦と流れていきますが、イオナと戦ったコンゴウを筆頭にハルナ、キリシマ、タカオ、ヒュウガとの共同戦線をこれまでの出来事を思い出させながらも熱い展開でした。

 

戦闘シーンでは、霧の生徒会の重巡洋艦組は非常に面白い戦闘を仕掛けてくるのが印象的。ロングレンジ砲とか高速航行とか巡洋艦で格闘戦とか

 

最後の最後まで目が離せない内容でした。