祝福の風に誘われて

特に何もないけど、何か書いていこうと思います。

【2016年のベストバイガジェット】iPad Pro(9.7インチ)で捗ったapple生活

随分とご無沙汰してブログを更新しています。
気づいたら前回の投稿が2016年の4月ということでかなり放置してましたが、GeekDays様主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2016」に参加していたことを思い出し、この記事を書いています。

www.adventar.org

この手の企画、あんまりやってないくらいほそぼそとブログやってましたが、1年間の散財具合を振り替えるには丁度いいですので進めて参りましょう。

 

前日の19日は、かべさん(@Skycavendish125)でした。

skycavendish.seesaa.net

 

簡単な自己紹介

2016年10月までプログラマーでしたが、11月からフリーランスに転向して映像制作のお仕事をはじめました。
現場では、9割方MacBookを使用していますがWindowsもたまに使います。
iPhoneとHTC10をメインにスマートフォン関係を買い集めて今に至ります。

 

今年は何を買ったっけ?

ベストバイ選定にあたって今年購入したものを改めて整理することにしました。
3日前の夜ご飯も満足に覚えられないのでTwitterの過去ログをあさっていきました。

・HTC10
・iPhoneSE
・iPhone7
iPad Pro 9.7インチ
apple watch
etc…

 

iPad Pro 9.7インチはいいぞ!

f:id:koichi_amami:20161220170236j:plain

 

良かったところ

iPad購入はこれで3台目。これまでに第二世代、第三世代のiPadを購入してました。
iPad Proは12.9インチと迷いましたがスペックの良さが購入の決め手でした。
現行の他のモデルとの違いは、「広色域(P3)」、「True Tone」のディスプレイに「1080p(120fps)」に対応したiSightカメラを搭載していることでしょうか。
12.9インチのiPad Proと比較しても魅力的なタブレットと感じました。

また、使用用途がOffice系ファイルの簡単な編集だったりTwitterFacebookの確認、Webブラウジングなどの基本的な内容でどちらかと携帯性を重視する形となりました。
それでも、apple pencilやSmart Connectorなどのオプションは使いたいという欲もあったのでiPad AIrは選択肢から外れていました。

 

apple pencilは気持ちのよい書き心地

apple pencilのおかげでiPadの魅力はさらに高まりました。
これまでのスタイラスペンは指の代わりのような感覚で、メモなどに使ってもあまり自然な筆跡にならないなどの不満がありました。

apple pencilを使い始めてからは、スラスラと手書きできたこと、ペンを認識することでディスプレイに手を置いてしまってもペン入力が継続出来るなどこれまでのスタイラスペンの不満は全くと言っていいほどなくなりました。

筆圧の認識もよく、筆のような掠れ、色の強弱も好みの感じに仕上がりました。

 

Smart Connectorで無駄なく使えるキーボード

f:id:koichi_amami:20161220170341j:plain

Smart Connector接続のキーボードは純正、サードパーティ含めていろいろ発売されていますが、logicoolのカバー一体型のキーボードを選びました。

 

 

純正とさほど変わらない値段でapple pencilのホルダー、バックライトキーボードが手に入るというのは外出が多いときにコンパクトにまとめられるのでいいですね。

いざ使ってみると、MacBookっぽくキーボードは光り充実したファンクションキーでiPadを操作。
やや短めのキーピッチですが、タイピングにはさほど支障ありませんでした。

セカンドディスプレイ用途で活用してみた

フリーランスになって、会社等での作業をしなくなるとラップトップだけでは手狭な作業スペースをどうにかしたくなりました。

9.7インチのサイズはセカンドディスプレイとしてはやや小さいですが、使ってみればサブの用途を充分に果たしてくれます。

接続にはDuet Displayを利用しています。

■製品サイト

www.duetdisplay.com

■AppStore

Duet Display

Duet Display

  • Duet, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥2,400

 めったに有料アプリは購入しないのですが、このアプリは購入して損はなかったですね。iPadの筆圧検知もそのまま使えるので、PC用の液タブとしてiPadを使うこともできます。ちょっとした手書きをPCでもやりたいときにはちょうどいいです。

 

まとめ

9.7インチの小さなボディとしては非常に優秀で、タブレットやセカンドディスプレイとしても有効活用できる点は高く評価しました。

純正、サードパーティ問わず様々なアクセサリが出ている点もまた評価できます。

 

 

明日は、MATTENNさんです!いろいろ買っている中から何を選ぶのか楽しみです。